現在位置:
 >
採用ブログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

インターンシップ体験談 【1day WEBサービス企画コース】

2014年6月17日 (火)

Miyamori_2

上智大学 外国語学部
宮森知里さん


(2013年8月 1day WEBサービス企画インターンシップに参加)

-ニフティのインターンシップを知ったきっかけは?

ニフティのことはプロバイダーとして子供の頃から知っていました。
就活ではIT業界の企業を受けようと考えていたので、6月にインターンを探す段階
でナビサイトから直接社名で検索して情報を見つけました。

-当時からニフティへの志望度は高かったのですか?

はい。ニフティのデイリーポータルZ(※)のファンだったので(笑)。
その時点では二社を第一志望と考えていて、そのうちの一社がニフティでした。

-インターンへの参加を決めた理由は?

学生生活のなかでWEBサービスの企画をしたことがなかったので経験してみたいと
考えたのと、企画体験のコースが1日のみのコースだったので気軽に参加できる
のが魅力でした。

-インターンに参加する前に期待していたことはどんなことですか?

以前から新しく作ってみたいWEBサービスやアプリを考えることはあったのですが、
その発想力がどのくらい社員の方に評価していただけるのか、同世代の学生と比べ
てどんなレベルなのかが客観的に分かるのではないかと考えました。
また会社の雰囲気=どんな社員の方がいるのか知りたいと思っていました。

-参加いただいた1dayインターンでは具体的にどんな経験をしましたか?

「ビジネスとして成立する」サービスの作り方を学びました。
先ほどもお話したとおり、自分自身の空想のなかでは作りたいものがいくつも出て
くるのですが、それが本当に世の中に需要があるのか、利益を出してビジネスとして
成立するのかを考えることで、現実の厳しさに少しだけ触れられたと思います。
その後も数社のインターンに参加しましたが、詳細な予算やスケジュールまで
考えさせられたのはニフティだけでしたね。

-経験が無いなかで予算やスケジュールを考えるのは難しかったのでは?

はい。なので、分からないことは社員の方にガンガン質問しました(笑)。
コストを試算しようにも一体どのくらいお金がかかるか想像もできませんでしたが
社員の方が「類似の案件ではこのくらい費用がかかった」など具体的なアドバイス
をしてくれたおかげで、なんとか課題を仕上げることができました。

Miyamori_1_3

-ニフティ社員の印象はどうでしたか?

みなさんが常に同じ空間にいてくださったのでとても頼もしかったです。
干渉しすぎず放置せず、の距離感が丁度良かったなと。
私たちが取り組むテーマがご自分の担当サービスの課題解決ということもあり
学生の至らないアイデアにも真剣に向き合って下さったのが嬉しかったですね。
また、サポートで入ってくださっていた新入社員の方がお昼のお味噌汁を用意して
下さっていたのが大変印象深いです(笑)。社員の方がわざわざ作って下さる、
というのが実はとても嬉しかったです!(恐れ多かったです…!)

-ニフティのインターンに参加してみて得られたものは?

WEBサービスの企画プロセスを体験し知ることができたというのはもちろんですが
ニフティの社風や社員の方と出会えたこと、そして就活をともに乗り越える仲間が
増えたことですね。同じチームで学んだ仲間とは今でもつながっています。

-インターンの経験はその後の学生生活や就活に役立ちましたか?

はい。その後他社のインターンに参加しましたが、ニフティでの経験が土台となって
自分が周囲を引っ張って進めることができました。
また、自分が将来の目標とできる社員の方に出会えたことも大きかったです。

-その後「秋の発表会」にも観覧者としてご参加いただきましたが、いかがでしたか?

私が文系ということもありますが、自分と同世代の人たちがこんな技術を持っている
んだと強く刺激を受けました。世界が広がりました。

-ニフティのインターンで改善して欲しい点はありますか?

他社のインターンも経験した上で後から感じたのが「やっぱり1日は短いっ!」
2~3日くらい欲しかったなと思います。

-今年のWEBサービス企画体験コースは2daysになります。

素晴らしい!(笑)

-最後に後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

得るものしかありません!興味があったら勇気を持って参加してください!

Miyamori_3

2014_3_5

ニフティインターンシップ2014「夏の勉強会」の情報はこちらから。
2014年6月30日(月)までエントリーを受付中!

※デイリーポータルZ:
 知る人ぞ知るネット界のカリスマ林雄司がWEBマスターを務める唯一無二の
 おもしろサイト。(http://portal.nifty.com/

|

インターンシップ体験談 【5days 開発コース②】

Ma_2

ニフティ 2014年度新入社員
馬 立東さん

(2012年12月 留学生向け 5days開発インターンシップに参加)

-ニフティのインターンシップを知ったきっかけは?

大学の専攻事務局からの紹介で知りました。 冬に募集しているインターンはニフティ
だけでしたが、「学生同士でのチーム開発を体験できる」 という内容に惹かれました。
夏は別の企業で1ヶ月間の実務に近いインターンに参加したのですが、そちらは一人
での参加だったので、みんなで話し合って何かを実現するような体験をしたいと思って
いました。

-インターンへの参加を決めた理由は?

外国人として日本でどう働くのかを事前に経験してみたかった。
実際の現場を知らずにいきなり入社して自分と合わなかったら大変です。
夏の就業型インターンでは大手企業、冬のニフティのインターンではそれほど規模の
大きくない企業、WEB系企業で働く雰囲気を体験し、両方体験した上で就職する際に
選択の参考にしようと思いました。 外国人留学生にとって日本企業の情報は不足して
いるので、インターンは自分がまだ知らない企業を知るための手段としても有効です。
実際、参加する前にはニフティを知らなかった。 インターンに参加してみて雰囲気が
自分に合うと思ったので選考にもエントリーしました。

-インターンに参加する前に期待していたことは?

企業理解や現場の雰囲気を体験することはもちろん、他校の学生と就職やインターン
に対する考えについてコミュニケーションできる場としても期待していました。

-参加いただいた開発インターンでは具体的にどんな経験をしましたか?

初対面の学生と4人でチームを組み、5日間でFacebookと連携したiPhoneアプリを
企画開発しました。

また、このインターンで本格的なチームワークの経験をしました。研究室で個人研究を
やっているような、 大学でチームワークを経験する機会がない人はぜひインターンで
経験した方がいいと思います。

ニフティのサービスである「ニフティクラウドC4SA」を使う機会があったこともよかった。
インターンを通じて実際にその会社のサービスを使って長所・短所を知ることができる
のはメリット だと思います。WEBで企業研究するのと実際に使ってみるのとでは大きな
違いがあります。

東京での生活を経験できたことも大きいです。
東京に就職したときの生活をイメージでき、不安がなくなりました。

Ma_1

-ニフティのインターンに参加してみて得られたものは?

知識面では新しい知識を得ました。 PHPが使えるようになり、iOS上でのアプリ開発の
方法を学んだ。

そして、チームでアイデアをまとめて、チームで計画を立て、チームで成果を出すという
経験ができました。初対面の人とチームを組んで何かをやるにはテクニックが必要です。
それを仕事に入る前に体験できたことは大きかった。実際に社会に出てみて、仕事では
いろんな人とチームを組んで仕事をするので、このインターンは非常に重要な経験でした。

また、実際にアプリの企画開発を体験してみて、サービスを提供するにあたっては
アピールポイントを作ることが大切ということを学びました。 競合サービスのなかで
お客様に選んでもらうには、強みとなる「売り」があることが必要。 学生として自分の
好きなものを作るのとはまったく違う感覚、視点でした。

-社会人になってみて、インターンの経験が役に立っていますか?

・夏期インターン(大企業で実施。就業型。)

日本の仕事場の雰囲気を知った。自分がどうそこにいるべきか、チームメンバーや
先輩とどう付き合えばいいかを学べました。今でもすごく役に立っています。

それから、仕事に対する態度。学生の間はプログラムは「動けばいい」というレベルに
とどまりますが、 ただ動くだけではなく、自分がいなくなった後でも運用ができるように、
誰にでもわかりやすくプログラムを書く必要がある。実際の仕事でもずっと同じ仕事を
するわけではないですし、チームで働く上で必要なことだと思います。

・冬期インターン(ニフティでのインターン。短期集合型。)

チームワークの体験が役に立っています。 仕事をする上で色々な立場の人、様々な
性格の人にどう対応して成果を出すか。 インターンではチームメンバーが途中で一人
減ったんです。そんな時の対応も経験できた。 実際の仕事でもそういう状況はありえます。
最後は午前3~4時までがんばってやりぬいた。

実は計画どおりに完成はできませんでした。ただ、このことで納期への意識が高まり
ました。 原因はお互いに技術レベルをしっかり認識しあえていなかったこと。だから
作業見積りが甘かった。 たとえ失敗しても、そこから何を学ぶかが大事だということを
あらためて学びました。 作ったものがすべてではなく、プロセスとそこからの学びが重要。
仕事でも必要な意識だと考えています。

それから、外国人留学生としてはやはり、日本語の勉強になりました。 学生同士の会話
ではわからないようなこと、たとえば職場でどういう日本語を使うべきかがわかった。
学生だと日本人でも敬語を使えない人も多いですが、日本の社会人同士のコミュニケー
ションを身近に体験できたことは大変役に立っています。

-最後に後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

外国人留学生で日本で働きたいと思っている人は、ぜひインターンに参加してみてください。
日本で働くイメージが持てるし、自分に合う企業を探す手がかりが見つかると思います。

Ma_3

2014_3_5

ニフティインターンシップ2014「夏の勉強会」の情報はこちらから。
2014年6月30日(月)までエントリーを受付中!

|

インターンシップ体験談【5days 開発コース①】

Fukumoto_2

ニフティ 2014年度新入社員
福本 和哉さん

(2012年9月 5days開発インターンシップに参加)

-ニフティのインターンシップを知ったきっかけは?

研究室にポスターが貼ってあり、先生からもメールで紹介してくれて知りました。

-インターンへの参加を決めた理由は?

アプリ開発に興味があり、学生のうちに何かを作ってみる、ということにあこがれが
あったからです。ニフティのインターンは5日間でアプリの企画開発ができるという
ことだったので、これを経験して「ものが作れる」ということを自分の強みにしたい
と思いました。

それから、就活に向けて価値観、仕事に対する思いなどについて社会人と話をして
みたかったというのもあります。就業型のインターンも検討したのですが、期間が
2週間以上あり研究に影響が出るため、ニフティの5日間のインターンに決めました。

-インターンに参加する前に期待していたことは?

アプリ開発のノウハウを知ること。
それから、社会人と話し、どんな考え方をしているのか、働くためにどんな能力
・資質が必要かなどを知りたかった。自分に足りないものを知り、自己分析や
今後の成長に活かそうと思いました。

-参加いただいた開発インターンでは具体的にどんな経験をしましたか?

初対面のメンバーと4人でチームを組み、5日間でWEBアプリを企画開発しました。

まず初日はアイデアブレストで何を作るかを決めました。アイデアが固まったら
どう作るか、誰が何を担当するかを決めて2日目から開発スタート。開発しながら
チーム内で相談しあったり、サポートしてくれている社員に聞いたりして進めて
いきました。

チーム活動は難しかったです。人によってこだわりポイントが全然違う。学生
なので、それぞれの目的を達成するために自分のやりたいことを主張する、と
いう感じだった。うまく調和をとっているチームもありましたが、僕のチームは
個性が強く、なかなかまとまらなかった。5日間という短い期間で何を実現するか、
能力の見極め、優先順位のつけ方などすごく難しさを感じました。

社員とのコミュニケーションについては1週間もの間、企画開発という実際の
取組みを通じて密度の濃い会話ができました。他にも毎日ランチを食べながら
の会話や、最終日の打上げではニフティのパートナー企業の方と朝まで飲んだり。
ただ会話するだけでなく、コミュニケーションの質が高かったと感じます。

Fukumoto_1

-ニフティのインターンに参加してみて得られたものは?

「やってみれば自分でも作れる」という自信がつきました。
興味があるのに今までやってみなかったのはもったいなかったと感じた。

自分の場合はこれで終わりにしたくなかったので、インターン終了後も他の
チームに合流させてもらって、開発を続けました。

住んでいる地域もバラバラだったので、WEB上でコミュニケーションを取り
ながら開発を進められるツールを活用し、遠隔地の仲間と開発を進めました。
最終的にはサービスをリリースし、MA8で入賞、ニフティの発表会にも参加。
ここまで成し遂げられたのは、一緒に続けられる仲間が見つかったことが
大きいです。
チームで取組むメリットとしては、単純に人手が多いというだけでなく、
チームの一員として活動することでいい意味での「責任感」が生まれたこと
にもあると感じています。一人では途中で止めてしまうようなことも、みんな
でやれば最後まで続けられたりします。
「1人ではできないこともチームならできる」。頭ではわかっていましたが、
それを体験して実感することができました。

そしてもちろん、社員と密度の濃いコミュニケーションを重ねることでニフティ
のことがよくわかりました。
自分の活動をサポートしてくれる大人の人脈もできた。
このインターンを通じて感じたのですが、エンジニアの皆さんはやる気のある
学生が大好き。面倒見がよく、教えたがりの人が多いと感じます。学生の方
から近づいていけばたくさんのことを学べると思いますよ。

-インターンの経験は就活に役立ちましたか?

インターンに参加した上でさらに自分でいろいろやってみて、自分の志向が
明らかになりました。実際に体験することで、会社でやっていることと自分の
志向のマッチングができた。入らないとわからない、というような不安が
なくなりました。

また、聞けばわかるけど、聞かないとわからないことがたくさんあります。
それから、中に入らないとわからない空気感もありますね。

-社会人になってみて、インターンの経験が役に立っていますか?

インターンでは、技術的に初心者で、クラウドサービス「C4SA」が出たばかり
のタイミングで使わせてもらいました。

今は開発部署でOJT中なのですが、新サービスのわかりにくい点などを具体的に
指摘することができています。使いづらいサービスは絶対に使ってもらえないし、
ドキュメントのわかりやすさも重要です。自分が身をもって体験したことを実際に
解決する立場になりました。

今は手順を詳しく示して、初めて使う人がつまずかないように意識しています。
せっかく興味をもっていただいたのなら、途中でつまずくことなく使ってみて
そのサービス良さを体感してほしいと思います。

それから、実際にリリースまでの一連のプロセスをとおして体験することで
ユーザー目線、自分以外のメンバーの視点など主観以外の視点を得ることが
できました。これは社会では絶対に必要な部分です。作りたいものを作っても、
お客様視点でよいものでなければ意味がありません。

-最後に後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

就活云々というより、ぜひ開発本体を楽しみに来てほしいと思います。就活と
いう面で言えば、インターンを通じた成長そのものが一番のアピールになります。

できれば、自分のようにリリースまでやってみることをおすすめします。仲間を
見つけて開発を続け、ドメインを取って、利用規約、手順書などのドキュメント
も作ってみる。友達に自慢できるレベルまでできるといいですね。実際に使って
もらって「いいじゃん!」って言われる達成感をぜひ味わってください。

Fukumoto_3

2014_3_5

ニフティインターンシップ2014「夏の勉強会」の情報はこちらから。
2014年6月30日(月)までエントリーを受付中!

|

「購入物件検索」iOS版提供開始!

2014年6月 3日 (火)

こんにちは、採用担当です。

このたび、最新の不動産売買物件を複数の不動産サイトから横断して検索できるアプリ「購入物件検索」のiOS版を提供開始しました。

物件数はもちろん、最新のOS(iOS7)に準拠したシンプルで使い勝手のよいユーザーインターフェースや、iCloudを使った複数デバイス間での同期が特徴となっています。

以前から提供している「賃貸物件検索」と合わせて、ぜひお試しください!

プレスリリース
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/140521004326/1.htm

201406021400_001

|

仲間をつくって成長しよう。ニフティ インターンシップ2014

2014年6月 2日 (月)

みなさんこんにちは happy01

2014年度のニフティのインターンシップのご案内です!

毎年ご好評いただいている開発コースはもちろん、昨年からスタートしたWebサービス企画コース、デイリーポータルZ 1日体験コースもさらに充実した内容で実施いたします。
夏休みにはぜひニフティのインターンで仲間を作って成長しよう!
みなさんのご参加を心からお待ちしています。

【ご応募はニフティ インターンシップ2014専用サイトから!】

2014_1_5

仲間をつくって成長しよう。ニフティで体験するアプリ開発/サービス企画/編集制作

クラウドを使ったアジャイル開発5days、Webサービス企画2days、デイリーポータルZ 1日体験など。
社員のアドバイスのもと企画/開発/制作を体験し、作ったものを発表します。
5daysコースで遠方の方には宿泊施
設をご用意します。

日程

 ・コースA : クラウドを使ったアプリ企画開発5days

2014年8月25日(月)~8月29日(金) 

 ・コースB : Webサービス企画2days

2014年8月6日(水)~8月7日(木)、9月4日(木)~9月5日(金)

 ・コースC : デイリーポータルZ 1日体験インターン

2014年8月4日(月)、8月18日(月)

場所

ニフティ株式会社 本社(東京都新宿区)
※5daysコースで遠方の方には宿泊施設をご用意します。

概要

  ・コースA : クラウドを使ったアジャイル開発5days

ニフティのクラウドPaaSを使った、アジャイル手法によるアプリ企画開発の体験。
世の中を楽しく便利にするアイデアを持ち寄り、社員のアドバイスのもとチームで企画・開発をします。
遠方の方には宿泊施設をご用意します。

5days2013

チームでのアジャイル開発を体験してみたいという方におススメです。
アプリを開発するためのプログラミングの知識が必要です。
 (詳細未定ですがHTML5、CSS3、JavaScriptなどをメインで利用する予定です)
社内見学の時間も設けますのでオフィスの雰囲気も感じていただけます。
11月8日(土)に当社イベントハウス「東京カルチャーカルチャー」でプレゼンしていただきます。
 (前日リハーサルあり)

 ・コースB : Webサービス企画2days

チームでのWebサービス企画体験。企画担当の社員との交流。

463667_516883711713629_1663178097_o

ニフティのWebサービスの現場を知りたい、チームでの企画を体験してみたいという方におススメです。
社内見学の時間も設けますのでオフィスの雰囲気も感じていただけます。
11月8日(土)に当社イベントハウス「東京カルチャーカルチャー」でプレゼンするチャンスがあります。

 ・コースC : デイリーポータルZ 1日体験インターン

ウェブサイトに載せるコンテンツ制作の体験。デイリーポータルZ編集部・現役ライターとの交流。
<取材コース>
 編集部で用意したテーマに沿って実際に取材し記事を書いてもらいます。
<工作・実験コース>
 編集部で用意したテーマに沿ってものを作り、その過程・結果のレポート記事を書いてもらいます。
どちらも1日で取材および記事を書き上げ、デイリーポータルZに掲載します。

1174904_523159761086024_1189694492_

ウェブのコンテンツ制作を体験してみたい方におすすめ。
編集部によるあたたかい執筆指導と励ましがあります。
ウェブサービスではなくコンテンツなのでプログラムの知識は不要です。
でもデジタルカメラ(スマホでも可)・パソコンは必須です。
自分が作ったものを発表してその反応を見るのは他には得がたい楽しい経験です。

定員

 ・コースA : クラウドを使ったアジャイル開発5days

30~40名

 ・コースB : Webサービス企画2days

20名/回(2回開催)

  ・コースC : デイリーポータルZ 1日体験

4名/回(2回開催)

資格・対象

  ・コースA : クラウドを使ったアプリ企画開発5days

四年制大学、大学院、高専、専門学校の学生(学年問わず)
Webやクラウドの技術に興味のある方アプリの企画開発に興味のある方
開発用のノートパソコンを持参できる方

 ・コースB : Webサービス企画2days

四年制大学、大学院、高専、専門学校の学生(学年問わず)
Webサービスの企画に興味がある方

 ・コースC : デイリーポータルZ 1日体験インターン

四年制大学、大学院、高専、専門学校の学生(学年問わず)
ウェブサイト「デイリーポータルZ」にご自身の写真(顔出し)掲載OKの方
ブログ・ツイッターなどでネットで文章を発表したことがある方(そのURLをお送りいただき、選考の基準とします)
人を笑わせるコンテンツ制作に興味のある方 

エントリー締め切り

2014年6月30日(日)

エントリー方法/詳細

下記URLよりご応募ください。

▼ニフティ インターンシップ 専用サイト
http://nif.snar.jp/

お問い合わせ:ニフティ インターンシップ2014 運営事務局

TEL : 03-6807-4477 Mail : intern2014@list.nifty.co.jp

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年7月 »