現在位置:
 >
採用ブログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年6月

インターンシップ体験談 【5days アプリ企画開発コース】

2015年6月19日 (金)

Masuda1_small
ニフティ2015年度新入社員
増田 優さん

(2013年8月 5daysアプリ企画開発インターンシップに参加)

-ニフティのインターンシップを知ったきっかけは?

学部生時代に他企業のインターンシップに参加したことがあったんですが、就活を前にまた行ってみようと思い、学内のインターンシップ情報ページでWEB関連の企業を中心に探していました。また、掲示板にニフティのチラシが貼られていて興味を持ったこともきっかけです。

-インターンシップへの参加を決めた理由は?

もともとニフティを就職先のひとつとして考えていたこともあり、社風を知る良い機会だと思いました。また、 私の通っていた学校では5日間のインターンシップ参加で単位が取得できたので、期間もベストだった。他企業のインターンシップも検討はしたのですが、3日間だったり、もっと長かったりとなかなか条件に合うものはなくて...加えて参加のハードルが低かったことも参加を決めた理由のひとつです。関西の大学院に通っていたので、書類選考のみで(面接なしで)参加できるのはありがたかったですね。

-インターンシップに参加する前に期待していたことはどんなことですか?

定員が40名ということで、少人数の選抜型のインターンシップよりも多くの学生と出会えるのが楽しみでした。違う専門分野の学生と知り合って刺激を受けたいなと思っていたので。また、初めて会う方とたった5日間でアプリを作るとなると、相当ゴリゴリやらないといけないだろうし、密度の濃い時間が過ごせそうだなと思いました。研究室とは違う時間の流れで完全燃焼してみたかったですね。

Masuda2_small

-参加いただいた5daysインターンシップでは具体的にどんな経験をしましたか?

初対面の学生と4人でチームを組み、5日間でWEBアプリの企画および開発をしました。

チームビルディングを行った後、アイデアソンでどんなアプリを作るか決めました。このインターンシップではアジャイルという手法を用いてアプリ開発を行うので、社員の方からアジャイル開発の進め方を教えていただき、翌日以降のタスク確認や役割分担をして初日終了。2日目はこれからの開発で利用する「ニフティクラウドC4SA」のハンズオンを受けて、いよいよ開発がスタートしました。

いま振り返ってみると、あのときは教えていただいた「タスクかんばん」をうまく使いこなせていなかったかなと思います。タスクの細分化が、やってみると結構難しくて、そのあたりはメンバー間のコミュニケーションでカバーしていました。インターンシップ後、アジャイルを用いた開発をする機会はありませんでしたが、ニフティ入社後の新人研修でアジャイル手法を用いる機会があり、当時の経験が役に立ちましたね。
また、「ニフティクラウドC4SA」のようなPaaSを使ったアプリ開発も初めての経験でしたが、これは非常に便利で、これからはこのようなサービスが流行るのだろうなと感じました。
(※ 2015年度のインターンシップでは「ニフティクラウド mobile backend」を利用。)

-チーム開発をやってみていかがでしたか?

チームリーダーをやることになったのですが、役割分担が難しかったです。メンバーそれぞれに得意分野があり、例えばメンバーの中にデザインが得意な方がいらしたので、その方には主にデザイン面をお願いしていたのですが、開発のインターンシップに参加したからにはコーディングもやりたいだろうなと考えると、どう役割分担をすれば良いか悩みましたね。メンバー間の技術レベルの差をどう克服するかなど、難しい点は多々ありましたが、それぞれが作ったものをマージした際に、画面上でちゃんと動くことを確認できたときには、みんなで「おー!」と声を出して喜びました。あれは楽しかったですね。一人では味わえない感覚です。

-他チームとの交流はありましたか?

5日間のなかで、学生だけで飲みに行ったりして交流をしました。ライバルというよりも仲間意識が強かったですね。他チームが行き詰まっているときに、別のチームのメンバーが解決方法をアドバイスしたりといったこともありました。ただ、中間報告会で他チームの進捗状況を知ったときや、最終発表でのプレゼンを通して「勝ったな」とは思いましたが(笑)。
(※増田さんのチームはアイデア賞と総合優勝のダブル受賞を達成!)

-ニフティのインターンシップに参加してみて得られたものはなんですか?

「WEBサービスは自由だ」とあらためて感じられたことです。自分は開発が好きですし、将来本格的なWEBサービスを作りたいとも思っていたのですが 、一方で「形のないものづくり」に本当に価値はあるのだろうかと、少し悩んでいた時期だったんです。でも、このインターンシップに参加し、社員の方や他の学生から、自分たちが作ったアプリの企画や技術的な取り組みについて評価をしてもらい、価値を認めてもらえたことで、自分は間違っていなかったんだと確信することが出来ました。将来を考える上で、とても重要な経験だったと思っています。

-インターンシップの経験はその後の学生生活や就活に役立ちましたか?

役立っていると思います。あのときのチームメンバーは、みんな個性が立っていて、逆にあまりキャラが立っていない自分がリーダーを務めることで上手くまとめられたと感じています。集団のなかで自分が果たすべき役割というか、立ち居振る舞いに気づけたような気がしますね。
また、非常に短い時間の中で、出会ったばかりの人と開発を進めていく経験をしたことで、「馬力の出し方」が身に付いたと思います。自分や周囲を盛り上げて巻き込んでいく力は、今後の社会人生活でもきっと役に立つと思います!

-最後に後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

学校やサークルでの活動に留まらず、機会を見つけて外に出ることは本当に良い経験になります。チャンスを掴んで積極的に外に飛び出しましょう!

Masuda3_small

Intern2015_poster_2_5

ニフティインターンシップ2015「夏の勉強会」の情報はこちらから。
2015年6月30日(火)までエントリーを受付中!

|

インターンシップ体験談【2days WEBサービス企画コース】

Hattori1_small
立教大学 観光学部
服部 茉莉子さん


(2014年8月 2daysWEBサービス企画インターンシップに参加)

-ニフティのインターンシップを知ったきっかけは?

知人が以前、ニフティで派遣スタッフとして働いていたことがあり、ニフティの社風や仕事の楽しさについてよく聞いていました。大学3年生になり、就職を考え始めたときに、知人からニフティを薦められたのをきっかけにネットで社名を検索したところ、インターンシップの情報に辿り着きました。

-その時点でニフティへの志望度は?


もともとはIT企業なんて文系出身の自分が出る幕はないのではと考えていたのですが、「それは思い込みかもしれない」と思い直し、一歩を踏み出すことにしました。ですので、その時点ではまだまだ業界研究の一環と言った程度だったかも知れません...

-インターンシップへの参加を決めた理由は?

まず、大学のインターンシップ講座を受けた際に、インターンシップが今後の人生でいかに役立つかということを聞いていたので、インターンシップには絶対に参加しようと考えていました。
学校では文化人類学を学んでいるのですが、そのなかでは「ビジネスとして成り立つ企画」を考える機会はまずありません。以前からサービス企画をやってみたいという想いがあったのと、コンテンツの紹介に企画担当社員との交流や社内見学、懇親会というキーワードを見つけ「楽しそう!」と思い、参加を決めました。

-インターンシップに参加する前に期待していたことはどんなことですか?

社会人になる前に、企画というものを体験し、今の時点でどこまで出来るかを確かめたいと思っていました。自分の実力を客観的に知ることで自信を持ちたい、あるいは今後どんな努力をするべきかを知りたいと考えていました。また、同世代のまったく違う学びや体験をしている学生がどんなことを考えているのか、就活についてどう思っているのかを共有して、刺激を受けたいとも思いました。

Hattori2_small

-参加いただいた2daysインターンシップでは具体的にどんな経験をしましたか?

初対面の学生と4人でチームを組み、2日間で新規WEBサービスを企画しました。

初日のアイデアソンで「チームで100個アイデアを出してください」と言われたときは大変だと思いましたが、思いついたものを書き出していけば良いと言われてからは、思いのほか沢山のアイデアを出せました。ですが、そのあとチームでひとつのアイデアにまとめていく作業は難しかったです。私たちのチームは、ひとりひとりが沢山のアイデアを出していて、それぞれこだわりもあったので、議論が活発な分、他のチームより遅れをとっていたのですが、社員の方に相談しアドバイスをもらいながら、なんとか方向性をまとめることが出来ました。苦しかっただけに、アイデアが決まったときは達成感がありましたね。

2日目は、初日に決まったアイデアを企画書に落としこんでいく作業を行いました。フレームは会社のほうで用意してくれたのですが、数字(注:コストや売上計画など)を作るのはやはり難しくて行き詰まりました。チームメンバー全員が企画の経験がなく、どうやって数字を導き出すのか分からないなか、それでも4人で協力して、自分が知っていることをちょっとずつ出し合ったり、参考になる数字を検索したりしてなんとか数字を作りました。それまでは自分に知識がないからと言い訳をしていた気がしていましたが、最大限の努力をすれば結果に繋がるんだということを実感できたと思います。

-その他、印象に残っているコンテンツはありますか?

2日目の最初に企画担当社員の方から、実際のサービスの企画書を、差し支えない範囲でザーッと見せていただきましたが、そのボリュームと、隅から隅まで細かいことに気を配って設定された内容に驚きました。やはり企画というのは大変なお仕事なんだなと感じると同時に、自分はストイックに努力することが好きなので「向いているかも」とも思いました。

-ニフティ社員の印象はどうでしたか?

前年の参加者の方もおっしゃっていましたが、そっと丁度良い距離感で見守っていてくださる感じが嬉しかったです。「まずは自分たちで考えてみて」といった感じで、学生の考えを尊重し、意見を言いやすい雰囲気を作ってくれるので、自然とチーム内での議論が活発になっていたように思います。
懇親会では気さくに話しかけてくださったので、緊張しやすい私でも、とても楽しい時間が過ごせました。

-ニフティのインターンシップに参加してみて得られたものはなんですか?

勇気を出して挑戦することを前向きに考えられるようになりました。もともとは自信のない発言をしがちだったのですが、このインターンシップに参加して以降、考え方が変わりました。自分の力を最大限出すことで周りに貢献出来ることが分かったし、「出来ないは言い訳」だと思えるようになりました。とても成長実感があります! と同時に、課題も見えました。IT関連の知識に関して、やはり自分は不足していることを痛感したので、自分のアイデアに説得力を持たせるためにも、しっかり知識を身につけたいと感じました。

-インターンの経験はその後の学生生活や就活に役立ちましたか?

間違いなく活かすことが出来たと思います!自分自身の意外な強みや課題を、チームメンバーから教えてもらったり、社員の方からもインターンシップ終了後にフィードバックをいただけたので、この経験は本当に大きかったと思います。就活というよりも今後の人生に役立つ経験をさせていただきました!

-最後に後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

ニフティのインターンシップは、答えが一つではない分、自分たちの意見を企画に反映させやすく、(他社のインターンシップと比べて)自分らしさを一番ストレートに出せたインターンシップでした。プラスになることしかありませんので、場違いと感じている方も、ぜひ参加してみてください。きっと人生の役に立ちますよ!(笑)

Hattori3_small


Intern2015_poster_2_2

ニフティインターンシップ2015「夏の勉強会」の情報はこちらから。
2015年6月30日(火)までエントリーを受付中!

|

インターンシップ体験談 【デイリーポータルZ 1日体験コース】

2015年6月18日 (木)

Kaneoka_1_small
ニフティ 2015年度新入社員
金岡 亮さん

(2013年8月 デイリーポータルZ  1日体験インターンシップに参加)
<デイリーポータルZに掲載された記事はこちらからご覧ください>

-ニフティのインターンシップを知ったきっかけは?

実は当時、ニフティのことはほとんど知りませんでした。大学の先生がメールを使っていたりして、ドメインでみかけたことがあるくらい。デイリーポータルZについてもライトユーザーといった感じで、編集長の林さんをTwitterでフォローしていて、流れてくるおもしろツイートを楽しんでいました。たまたま研究室でTwitterを見ていた時、林さんのインターンシップ募集のつぶやきを見かけたんです。

-ニフティのインターンシップに参加した理由は?

林さんに会ってみたかったんです。こんな面白コンテンツを作っている人ってどんなことを考えているのかなと思って。コンテンツを作る側の人に興味があったんですね。
自分も何かを作り出せる人になりたいと思っていましたし。直近では論文を書く必要がありまして・・・

-大学ではどんな研究をしていたんですか?

もともとは博物館の学芸員になりたくて東京学芸大学に入ったのですが、地域に根ざした博物館に興味があったこともあり、いろいろ学んでいるうちに地域問題に関心が沸いて、ゼミでは都市社会学について研究していました。
具体的には町の個性の研究ですね。グローバル化が進み町の個性がなくなっていくなか、
町の歴史やハード面を調査して、町の個性にどう影響しているのかを総合的に分析していました。

Kaneoka_2_small

-応募にはブログやTwitterなどご自身で発表している文章が必要でしたが、何を提出されたのですか?

友人と運営していたニュースサイトに載せた、ママチャリ一人旅のブログ記事で応募しました。大学に入って最初はジャズ研究会でバンドをやっていたのですが、バンド活動よりも何かコンテンツを作ってみたいと思い、友人とニュースサイトを立上げたんです。
当時「ママチャリで静岡まで行ってみよう!」と突然思いつきまして(笑)その行程をブログに書きました。
とにかく面白いことがしたくてモヤモヤしていたんです。
その頃は大学院へ進学しようと思っていたので、就活やインターンシップへの参加も
考えてはいませんでした。

-インターンシップでは具体的にどんな経験をしましたか?

まず最初に林さんから取材や記事制作のレクチャーを受けて、その後くじびきで記事のテーマが決まりました。僕が引いたのは「自分にぴったりの隙間を探す」。デジカメを持って炎天下の渋谷~新宿を歩き回り、隙間を見つけてはそこに入って通りがかりの人に写真を撮ってもらいました(笑)。
渋谷の隙間ってラクガキやステッカーだらけで、汚れているし怖いんですよ!でも実は、一番快く取材に協力してくれたのは渋谷の人たちだったんです。自分の研究テーマにも近いことだったので印象に残っていますね。

その後取材を終えて本社へ戻り、ライターの方に指導していただきながら撮った写真を使って構成を考え、記事を執筆しました。与えられたのは2時間くらいで、「納期は大事」と聞いていたので質よりもスピード重視で仕上げたら、他の人は全然終わってなくて結局まだ時間をかけられたという・・・。今読むともっと面白くできたと思うんですよね。
「面白記事は時間をかけたほうがより面白くなる。」と林さんもおっしゃっていたので、もっと時間をかけて考えたかったなと思います。

Kaneoka_intern_small
インターン当時の様子。デイリーポータルZ編集長の林による執筆指導。

-インターンシップで得られたものは何ですか?

スキルとしては記事構成のテクニックですね。その後も友人とニュースサイトを運営していたのですが、その時に大いに役に立ちました。そのサイトでは、IT関連や起業家へのインタビューなどのまじめな記事がメインでしたが、自分はインターンでの経験を活かして面白記事を書いていました。
それから、人前でヘンなことをする方が緊張しなくなりました(笑)

でも一番は、仕事をする上での根気ですね。諦めないで最後まで遂行すること。
突き詰めなきゃいけないところは、突き詰めないと。これは絶対に大事なことだと感じています。

「面白記事を面白くするためには何回もブラッシュアップしないといけない。」
インターンシップで学んだことを、新人研修で企画書を作ったときにすごく思い出しました。上司に持って行く前に充分推敲していればすぐに通るのに、ちょっと考えただけのものではつき返される。この経験は今後の自分にとって非常に重要だったと思います。

-最後に後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

インターンシップは就活とかを意識せず参加して欲しいです。自分は偶然の出会いでしたが、だからこそ素直に学べたことがたくさんあります。エントリーシートに書けるとか、そういう視点で選んでいたらもったいない。楽しみながら自分の成長につなげて欲しいですね。

Kaneoka_3_small

Intern2015_poster_2_3

ニフティインターンシップ2015「夏の勉強会」の情報はこちらから。
2015年6月30日(火)までエントリーを受付中!


|

『仲間とのばす、自分の可能性(チカラ)』 ニフティ インターンシップ2015

2015年6月 1日 (月)

みなさんこんにちはhappy02

いよいよ2015年度インターンシップのプレエントリー受付がスタートしました!

まずは夏期に開催する『クラウドを使ったアジャイル開発5days』『Webサービス企画2days』『デイリーポータルZ体験インターン』の3コースです。
ネット業界での仕事を知る機会としてぜひ活用してください。

また、各コースとも11月にニフティが運営するイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」で開催予定の『秋の発表会』でプレゼンするチャンスがあります。夏休みに出会った仲間とともにのばしたチカラをアウトプットするステージとして、ぜひ参加を目指してくださいね!

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております!!
Intern2015_poster_3_2

■コースA 『クラウドを使ったアジャイル開発5days』

【プログラム詳細】
ニフティのクラウドPaaSを使った、アジャイル手法によるアプリ企画開発の体験。
世の中を楽しく便利にするアイデアを持ち寄って、社員のアドバイスのもとチームで企画開発をします。
※遠方の方には宿泊施設をご用意し、往復の新幹線・飛行機代を支給します。
(9/6~9/12:6泊7日)
【 開催日程 】 2015年9月7日(月)~11日(金) ※5日間
【 会  場 】 ニフティ本社(東京都新宿区)
【 募集人数 】 40名
【資格・対象】 ・四年制大学、大学院、高専、専門学校の学生(学年問わず)
        ・Webやクラウドの技術に興味のある方
        ・アプリの企画開発に興味のある方
        ・開発用のノートパソコンを持参できる方

■コースB 『Webサービス企画2days』

【プログラム詳細】
チームでのWebサービス企画体験と、企画担当の社員との交流。社員のアドバイスのもと、フレームに沿って企画書を完成させプレゼンをしていただきます。
※遠方の方には宿泊施設をご用意し、往復の新幹線・飛行機代を支給します。
(8/5~8または8/19~22:3泊4日)
【 開催日程 】 2015年8月6日(木)~7日(金)
        / 2015年8月20日(木)~21日(金)
        ※いずれか2日間(内容は同じです)
【 会  場 】 ニフティ本社(東京都新宿区)
【 募集人数 】 各20名
【資格・対象】 ・四年制大学、大学院、高専、専門学校の学生(学年問わず)
           ・Webサービスの企画に興味がある方

■コースC 『デイリーポータルZ 体験インターン』

【プログラム詳細】
ウェブサイトに載せるコンテンツ制作の体験。デイリーポータルZ編集部・現役ライターとの交流。
2コースあり、どちらも2日間で取材および記事を書き上げ、デイリーポータルZに掲載します。編集部に参加し、自分が作ったものを発表してその反応を見るのは他には得がたい楽しい経験です。
<取材コース>
 編集部で用意したテーマに沿って実際に取材し記事を書いていただきます。
<工作・実験コース>
 編集部で用意したテーマに沿ってものを作り、その過程・結果のレポート記事を
 書いていただきます。
※遠方の方には宿泊施設をご用意し、往復の新幹線・飛行機代を支給します。
 (9/13~14または9/17~18:1泊2日)
【 開催日程 】 2015年9月13日(日)午後~14日(月) <取材コース>
           2015年9月17日(木)午後~18日(金) <工作・実験コース>
【 会  場 】 ニフティ本社(東京都新宿区)
【 募集人数 】 各4名
【資格・対象】 ・四年制大学、大学院、高専、専門学校の学生(学年問わず)
           ・ウェブサイト「デイリーポータルZ」にご自身の写真(顔出し)
          掲載OKの方
           ・ブログ・ツイッターなどでネットで文章を発表したことがある方
          (そのURLをお送りいただき、選考の基準とします)
           ・人を笑わせるコンテンツ制作に興味のある方

≪お問合せ窓口≫ ニフティ株式会社 インターンシップ事務局
        TEL:03-6807-4477 Mail:intern@list.nifty.co.jp

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年12月 »